技術力と経験値が高い歯科医に治療をしてもらう

白い歯

目立たない矯正方法

歯

インコグニートとは何か

埼玉県の矯正歯科医院では、現在、インコグニートといわれる矯正治療が人気です。このインコグニートとは、CAD・CAMシステムでカスタムメイドされた裏側矯正装置のことです。特に中学生や高校生などの思春期の子供の歯並びの治療に重宝されています。その理由は、インコグニートでは歯の裏側に矯正装置をつけて歯を動かすからです。そのため、思春期の多感な時期でも、矯正装置が目立つことなく快適に過ごせます。その他にも、学校に通っていると、体育の時間に激しいスポーツを行うことになります。そんな時に、裏側に装置があれば激しくぶつかるスポーツでも装置で口内を切る事がないです。これが表側に有る矯正装置なら、ぶつかった衝撃で口内の粘膜を切るリスクが高くなります。上記の理由から、多くの相談があります。

施術時の注意

インコグニートは、埼玉の矯正歯科治療として大変人気です。しかし、この治療を行い際は、いくつか難点も有ります。まず、喋る時に裏側に装置があるので、舌に当たって違和感を感じます。そして、多少、発音への影響もあります。人間は会話をする時、舌を複雑に動かすことで音を発しているのです。この違和感は、埼玉の矯正歯科医院での施術後、1週間から2週間位で慣れていきます。その他にも、治療後は装置に舌があたることで、跡がつく恐れもあります。これも、発音と同じように慣れるのに数週間程度かかります。埼玉の矯正歯科医院では、舌の違和感を抑えるために緩衝材のワックスを借りられます。なので、毎日の生活で違和感が有れば遠慮なく相談すると良いです。